専業主婦の離婚メリット

専業主婦は離婚によるメリットが少ない?

離婚する夫婦の背景

ご存知の通り、離婚する夫婦は年々増えていっています。その背景には女性の社会進出も大いに影響しているのかもしれません。結婚するとパートナーと共同生活を送るようになり、お財布も一緒になります。しかし離婚すると当然お財布は自分の分だけになります。この時自分も働いていると困ることはなく、独身時代と同じように生活を送れます。このように離婚してもさほどリスクがないことが離婚に拍車をかけているとも考えられます。

 

専業主婦は離婚メリットが少ない?

では専業主婦の場合はどうでしょうか。専業主婦が離婚すると収入がなくなってしまいます。再就職しようとしてもブランクが長ければ長いほど、働き口はなく、高収入が見込める職に就くのは困難を極めます。

 

また子供がいる場合は親権が女性側に渡るケースは多く、子連れでフルタイムで働くとなると子供が小さければ小さいほど、預け先にも悩みますし、働いている間も迎えの時間や子供が急に熱を出してお休みすることを考えると、ますます仕事が見つかりにくくなることが予想されます。

 

専業主婦は離婚を防ぐことに重点をおく

このように専業主婦には離婚でのメリットはあまり見当たりません。そのため普段から夫に離婚されないように、また夫婦関係を良好に保つように努力する必要があります。離婚理由で多いのは「浮気」と「セックスレス」です。このうちセックスレスから浮気に入る人も多いので、まずはセックスレスにならないように工夫することが大切だと言えます。

 

⇒セックスレスの浮気調査相談・見積もり依頼窓口