離婚理由は性の不一致

意外と多い離婚理由はセックスしたくない・性の不一致

夫婦間の性の認識の違いによる離婚事由

夫婦には貞操義務があるとともに、夫婦間のセックスも義務とみなされていることをご存知でしょうか。しかし性行為がなくても夫婦間に愛情や信頼関係があって、お互いその環境に納得して満足しているのであれば、セックスレスの問題として顕在化されません。このセックスレスが問題となるのは、夫婦間で性に対しての認識や感覚の違いがある場合です。

 

夫婦の性生活に関して離婚事由になるものにはこの「セックスレス」の他にも「性の不一致」があります。

 

性の不一致とは

配偶者の性的嗜好が異常だったり、性欲が異常に強く配偶者に負担になったり、不本意な性交渉を強要され続けたりすることが性の不一致とみなされます。これにより夫婦生活が破たんしたり、セックスレスに繋がったりして離婚の理由となります。

 

しかしどのような状態から異常とされるのか、客観的な判断は難しいところもあり、またそれを裁判で証明することも困難であることも事実です。従って慰謝料請求は難しくなることも考えられます。

 

性癖が異常だと感じたら離婚も視野に入れましょう。

このように夫が異常な性癖であるために、セックスしたくないから離婚することは可能です。我慢しているとトラウマになったり、精神疾患を患ったりする可能性もあります。また性の不一致の為にセックスを拒むようになると、拒んだ方が「夫婦の義務を果たしていない」ということで裁判のときに不利になることも考えられますので、早めの対策を心がけましょう。

 

⇒セックスレスの浮気調査で選ばれる探偵・興信所