浮気夫の愛人保有率

本妻と愛人とは?浮気夫の愛人保有率

浮気する夫の心理とは・・・夫の浮気に気付いたとき、「真面目な旦那なのに浮気をするなんて信じられない」と嘆かれている方がいます。しかし浮気とは不真面目でいい加減な夫だからするというわけではありませんし、その心理にはいろいろなパターンがあります。

 

例えば、妻がセックスを拒み、セックスレスで悩んでいるところに、たまたま都合のよい女性が現れたりすると、拒むことはできず、男女の関係に発展してしまったりします。このような存在は、風俗で適当に済ます場合とは異なり、大切な存在になったりします。そういった女性はしばしば愛人と呼ばれます。

 

性欲が発散できる場所を作ってくれた女性の存在により、妻に対してのイラつきや「セックスしてくれない」という凝り固まった観念が取り払われ、夫婦関係が逆に良くなることがあります。

 

こうして本妻と愛人の棲み分けができてきて、どちらも大切な存在になるのです。浮気を発見した場合「妻である私のことはどうでもよくなった」や「他に女の人を作るなんてどうかしてる」とお考えの奥様は多いのですが、男性(夫)にとってどちらも必要な存在なので、本妻をないがしろにしているというわけではないのです。

 

本妻と愛人の両方に愛を注げる人

会社の社長や役員、経営者などは愛人保有率が高くなっています。時間と金銭に余裕がある人でなければ愛人をもつことは難しいということですね。

 

愛人がいたとしても妻との夫婦生活や妻がセックスを求めてきたときに応じることは継続することが望まれます。夫婦には性交渉に協力する義務があるとした裁判例があります。それほどパートナーとの性生活は重要なのです。

 

どうしても夫とセックスをするのが嫌で、他に愛人を作ってもいいと思う人でなければ、セックスレスにならないように努力することが必要と言えます。

 

⇒セックスレスの浮気調査相談・見積もり依頼窓口