なぜセックスするのか?

人はなぜセックスするのか?

人はなぜセックスするのか

性欲を満たすため、子供を作る為、その理由はカップルによって様々でしょうが、そもそもなぜセックスをするのでしょうか。

 

理想のセックスとは、男女が互いに求め、満たし合うセックスであり、その結果、互いの愛情がもっと深まったり、絆がさらに強まったりすることですよね。しかしそんな理想は結果論であり、その根底にはセックスしたいという欲望が顕在することになります。それではどんな欲望が、どんな風に持たれるのでしょうか。

 

セックスをしたいという欲望には男女間に差が見られます。男性の場合、子孫を残す本能があるため、女性よりも強い性欲を持ち、その結果旺盛なセックス欲を充たしたいと思うことが一番のセックス動機です。

 

それに対し、女性は必ずしも旺盛なセックス欲が無くても、求められれば応える、またはその他の動機でセックスすることも稀ではありません。たとえば、好きな男性への愛情や思いやり、妻としての役割や義務感、セックスを求めている男性を我慢させておくのが可哀想と感じる情、子作り、お金欲しさなど、何かの目的達成の手段としてセックスをするこが多い傾向です。

 

セックスの動機の男女間の違いが招くセックスレス

セックスの動機に男女間でこうした差があることによって、セックスに対する気持ちが行き違います。特に男性(夫)のセックス欲を減退や低下させてしまうとレスになる確率は高くなるといえます。

 

例えば男性にも女性と同じように「子供を作るためだけのセックス」など義務感をもとにセックスすることなどを提案しないことです。男性はあくまで性欲を満たすためにしたいだけであり、そういった女性のセックス感を露わにしてしまうと、萎えてしまうのです。

 

このように「セックスをする理由」は男女で異なるので、お互いの感情を解りあうとこはできないかもしれませんが、お互いを尊重しつつ、求め求められることが一番の方法ではないかと思います。