離婚で慰謝料・養育費を得る証拠

離婚で慰謝料・養育費を得るためには証拠が必要

セックスレスが原因の離婚

「セックスレス」とは夫婦のどちらかがセックスを求めているにも関わらず、正当な理由もなく、性交渉が1ヶ月以上行われないでいる状態のことです。

 

セックスレスという問題は、夫婦間において、重大な問題であり、離婚の原因ともなりえます。日本では夫婦の性交渉は義務であるとされており、裁判でも離婚の理由として扱われます。

 

慰謝料や養育費はどうなるか

夫婦間の話し合いで離婚を決める協議離婚では慰謝料、親権や養育費なども基本的には自由に決めることができるとされています。

 

つまり、セックスレスを離婚の理由とした場合も他の理由のときと何ら変わらず、慰謝料や養育費の金額についても、相手が提示した金額に合意さえすれば、問題なく成立するのです。

 

しかし相手が慰謝料や養育費の支払いに応じなかったり、金額に納得がいかなかったりしてまとまらない場合には、調停離婚や裁判離婚で判決してもらいます。

 

セックスレスの判断は裁判所次第

調停や裁判での離婚となった場合は「セックスレス」という状態が「婚姻を継続しがたい重大な事由」に当てはまると、法律上の離婚原因として認められます。そしてそのことが「夫婦関係の破綻」の要因となっていると判断されることが必要なのです。

 

このように最終的な判断をするのは裁判所ですので、裁判所を納得させるような、証拠を掲示しなければなりません。

 

慰謝料・養育費を得るために証拠が必要

つまり慰謝料や養育費を得るためにも証拠は必要と言えます。その証拠はどの程度かというと、基準としては1年以上行為をしておらず、正当な理由なくセックスレスに至った事実が条件とされています。

 

⇒セックスレスの浮気調査で選ばれる探偵・興信所